【IPv6】ネットが遅い時の解決法!ビッグローブ光で家のネット環境を改善

光回線高速化のカギ「IPv6」秘密に迫る

最近、光回線について調べていると、必ずと言っていいほど「IPv6」という言葉を見かけるようになりました。知名度が上がり「光回線をIPv6にすれば速くなる」となんとなく理解している方も多いかと思います。実際、光回線の高速化にIPv6は必要不可欠と言っても過言ではありません。

ところが、「IPv6にするだけで光回線が速くなる」というのは間違いであることをご存じですか?

IPv6に申し込んだだけで満足してしまった結果、速度が改善されていないことにも気が付かずに、そのまま使用を続けている人も中にはいるかもしれませんね。

本記事では「現在IPv6を利用中の方・これからIPv6にする方」に向けて、IPv6で光回線を高速化するために必要なことについてわかりやすく解説しているので「あまりインターネット回線に詳しくない」という方にも気軽に読んでいただければと思います。

本記事の内容
  • IPv6って何?
  • IPv6高速通信の理由
  • IPv6を利用してもネット回線が改善されない理由
  • IPv6を検討している方におすすめのキャンペーン

※本記事に記載されている通信方式の説明図は、わかりやすく伝えるため簡略化しています。

速度が遅い時の原因と対策一覧

そもそもIPv6ってなに?【簡単に解説】

まずはIPv6の基本的な情報について、現在主流となっているIPv4と比較しながら解説していきます。
必要ないという方は「IPv6使用で光回線が高速化する理由」から読んでください。

IPv6はIPv4に代わるIPアドレスの規格

IPv4もIPv6もどちらもIPアドレス(パソコンやスマホ、サーバーといった機器のインターネット上の住所のようなもの)の規格で、それぞれIPv4アドレス・IPv6アドレスと呼びます。

この2つの主な違いとしては、IPv4が発行できるIPアドレスが約43億個であるのに対し、IPv6は約340澗(かん)個という天文学的ともいえる数のIPアドレスを発行できるという点です。

IPアドレスを少ししか発行できないIPv4とたくさん発行できるIPv6

世界でもIPv6の導入が急速に進んでいる

IPv4アドレスの43億個という数は一見多く思えますが、インターネット人口増加のあおりを受け、現在不足の危機に陥っています。
これを「IPアドレス枯渇問題」と言い、今後IPアドレスが不足することで、新規サイトの立ち上げなどに影響が出てしまうと言われています。

そこで注目を集めたのが「IPv6」です。
340澗個という到底使い切ることができない数のIPv6アドレスを発行できるという点に加え、通信速度の安定性が高いこともあり、現在日本を含めた世界中でIPv6への切り替えが急速に進んでいます

IPv6使用で光回線が高速化する理由

IPv4からIPv6に切り替えることで光回線の速度が高速化する理由ですが、これには「通信方式」というものが深く関係しています。この通信方式は、IPv6で快適なネット環境を整える上で非常に重要になってきます。

IPv4とIPv6では通信方法が異なる

冒頭で触れたように「IPv6にすれば光回線が高速化する」というものではありませんし、同様に「IPv4だから遅い」というものでもありません。

IPv4とIPv6の速度に差が出るのは、それぞれ違う通信方式に対応しているためです。
基本的にIPv4には「PPPoE」という通信方式が、IPv6には「IPoE」という通信方式が用いられており、この通信方式の違いが、IPv4(PPPoE方式)とIPv6(IPoE方式)で速度に差が出る理由になります。

IPv4(PPPoE方式)とIPv6(IPoE方式)の違い

IPv4に使用されるPPPoE方式は「一車線しかない混雑した道路」IPv6に使用されるIPoE方式は「複数車線あって空いている道路」という例え方をされることが良くあります。

【PPPoE方式】

「一車線しかない混雑した道路」とされるPPPoE方式ではインターネットに接続する際、必ず網終端装置という場所を経由して接続します。
この時、多くの利用者がこの網終端装置に集まることでネット回線が混雑し、速度遅延が発生してしまいます。
夜間など、特に利用者が多い時間帯にネット回線の速度遅延が起こりやすい原因のひとつが、このPPPoE方式という通信方式なのです。

ネット回線が混雑しやすいPPPoEの説明

【IPoE方式】

一方で、「複数車線があって空いている道路」とされるIPoE方式では、網終端装置を経由することなく直接インターネットに接続できるため、混雑が起きづらく安定した回線速度が維持できるという仕組みになっています。

終端装置を経由しないため回線が混雑しにくいIPoE方式の説明

以上のように、通信方式によって速度は左右されるので、回線環境を改善する上では「IPv6かどうか」ということよりも、「IPoE方式かどうか」が非常に重要になってきます。
これについて、次の「IPv6を利用する上での注意点・通信速度が遅い原因」の中で詳しく説明しています。

IPv6を利用する上での注意点・通信速度が遅い原因

IPv6を使い始めたのに通信速度が遅くて困っている方が多く存在しますが、その原因の多くが、通信方式の設定を間違えてしまっていることや、対応機器を揃えていないといったことなのです。

  • PPPoE設定になっていないか
  • 「IPv4 over IPv6」を利用しているか
  • IPv6を利用するために対応ルーターを準備したか

通信方式がPPPoE設定になっている

基本的にIPv6にはIPoE方式が用いられているため「IPv6にすると通信速度が速くなる」と言われているのですが、裏を返せばIPoE方式でなければIPv6にしても通信速度はあまり変わらないということになります。

ここが、IPv6を利用する上で気を付けなくてはいけないポイントになってきます。

実は、IPv6はPPPoEでも利用できるため、利用している光回線がPPPoE方式になっている場合があるのです。
その例としてよく見られるのが以下の二つです。

  • PPPoE方式に対応したサービスを利用している。
  • パソコンやルーターがPPPoEの設定になっている。

【PPPoE方式に対応したサービスを利用している。】

最近はあまり見かけませんが、IPv6対応でも採用している通信方式がPPPoEになっているサービスもあるため、これを知らずに「IPv6だから速い」と勘違いして通信方式をよく確認せずに申し込んでしまうと「せっかくIPv6を申し込んだのに通信速度が変わらない」といったことが起きてしまいます。

【パソコンやルーターがPPPoEの設定になっている。】

契約時にルーターをプロバイダからレンタルせずに、ご自身で用意している方に多いケースです。

まず大前提として、IPv6には対応ルーターが必要になります。
これを用意したとしても、設定がPPPoEになっていれば当然ながら通信速度は速くなりません
また、パソコンの設定が間違っている可能性もあるので、IPv6の利用を始めても通信速度があまり良くならないと感じる方は、「パソコンとルーター」この2点の設定を確認してみてください。

IPv4 over IPv6対応の光回線を利用しよう!

先程IPv6はPPPoE方式にも対応していると説明しましたが、IPv4はIPoE方式には対応していません。
現在はまだIPv4が主流のため、肝心のIPv4対応インターネットが快適に利用できないとなると、現状IPv6環境を整えてもあまり家の回線環境は改善されないということになってしまいます。

そうならないために重要なのが「IPv4 over IPv6」に対応している光回線を利用することです。

IPv4 over IPv6という通信方式はIPoEを利用してIPv4対応インターネットにも接続できるので、通常IPv4対応のインターネットに接続する場合はPPPoEに切り替えられるところを、IPv4・IPv6どちらもIPoE方式のまま利用できるというものになります。

IPv4 over IPv6 解説

IPv6の光回線を申し込むときは、必ずこのIPv4 over IPv6が使えるか確認しましょう。

※ルーターはIPv4 over IPv6対応のものが必要です。

IPv6を利用するためには専用の機器が必要になる

先程も触れましたが、IPv6を利用するためには「IPv6対応ルーター」が必要です。
このIPv6対応ルーターは契約時にプロバイダに準備してもらうか、自身で用意することになります。

【プロバイダに準備してもらう場合】

  • 料金を払ってプロバイダからIPv6対応ルーターをレンタルする方法
  • 光電話というIP電話サービスのオプションに加入する方法

IPv6対応ルーターをレンタルしてしまうのが最も無難な方法ですが、家で固定電話を利用しているという方は光回線の契約と同時に光電話に加入することで、電話代もお得になりルーターをレンタルしなくてもIPv6が利用可能になります。

プロバイダにルーター用意してもらう場合のメリットは、「IPv6を利用するために必要な設定がすでにされている」という点です。
あまり回線機器に詳しくないという方は、プロバイダが提供しているレンタルや光電話のサービスを利用しましょう。

ビッグローブ光の申し込みでIPv6対応無線ルーターが6ヶ月無料!?ビッグローブ光の申し込みでIPv6対応無線ルーターが6ヶ月無料!?インターネットを利用するとき、なかなかページが切り替わらなかったり動画が途中で止まったりしてイライラした経験はありませんか? 「IPv6接続」により高速でインターネットを使えるようになると、通信がスムーズになり快適にイ…続きを読むビッグローブ光電話でIPv6もauスマートバリューも利用できる!絶対に申し込もうビッグローブ光電話でIPv6もauスマートバリューも利用できる!絶対に申し込もう一戸建てのご自宅をお持ちの方やご自身で事業を営まれている方などは、あらゆる理由で固定電話を設置しておくことが推奨されています。 しかしながら携帯電話の普及により、固定電話に毎月の料金を支払うのが煩わしい…と感じている方…続きを読む

【ご自身で準備する場合】

  • 家電量販店やネット通販を使って購入する方法

ご自身で準備される方が費用は安くなることが多いですが、IPv6対応のルーターを間違えずに購入することや、ルーターの設定をご自身で行わなくてはならないなどのリスクが伴います。
また、単純にルーターの性能が原因となり回線速度が遅くなる場合もあるので注意しましょう。

光回線周辺機器に詳しい方や、そのような方が近くにいる場合は、料金の面を考えるとご自身で準備することをおすすめします。

速度が遅い原因・注意点まとめ

  • 利用中のプランやルーターの設定がPPPoE方式ではないことを確認する。
  • IPv4 over IPv6サービスに対応したプロバイダを選ぶ。
  • IPv6(IPv4 over IPv6)の利用には対応ルーターが必要になる。

この3点に気を付けないとIPv6でも光回線の通信速度は遅いままの可能性があるので、IPv6を利用中の方・IPv6を検討している方はしっかりと確認しておきましょう。

速度遅延の原因は他にもある!詳細はこちらで解説

IPv6判定サイトで確認

IPv6判定サイトで自身の通信環境がIPv6かどうかわかるので、一度確認してみてください。

IPv6の光回線を使いたいならビッグローブ光!

ビッグローブ光でIPv6を利用すれば、先ほどの注意点はすべて気にする必要がなくなります。

  • IPv6オプションが無料
  • IPv4 over IPv6も利用可能(対応ルーターが必要)
  • 設定済みで高性能の対応ルーターを6ヶ月無料レンタルできる

IPv6オプションを有料サービスとして提供しているプロバイダもありますが、ビッグローブ光では無料でIPv6オプションを利用できます。
さらに、6ヶ月無料でレンタルできる基本設定済みの対応ルーターを使用すれば、自身で難しい設定(ユーザーIDやパスワードの設定など)をする必要もないので、光回線の初期設定や機器の扱いが苦手な方でもすぐにIPv6(IPoE方式)やIPv4 over IPv6を利用できます。
その対応ルーターの無料レンタル後は、返却してご自身で新しいルーターを準備してもいいですし、気に入ればそのまま月額550円で使い続けることもできるので、最初は悩まずレンタルしてもいいでしょう。

ビッグローブ光でレンタルしているIPv6対応無線LANルーター「Aterm WG1200HS3」

ビッグローブ光の申し込みでIPv6対応無線ルーターが6ヶ月無料!?ビッグローブ光の申し込みでIPv6対応無線ルーターが6ヶ月無料!?インターネットを利用するとき、なかなかページが切り替わらなかったり動画が途中で止まったりしてイライラした経験はありませんか? 「IPv6接続」により高速でインターネットを使えるようになると、通信がスムーズになり快適にイ…続きを読む

他にも、引っ越しの際の移転工事費が何度も無料になるなど、サービスが充実しているビッグローブ光ですが、IPv6を提供している光回線の中でもかなりお得な料金体系になっているので、高品質で安い光回線を利用したい方におすすめです。

【ビッグローブ光プランの一例】
 ファミリー タイプマンション タイプ
通常料金5,478円/月4,378円/月
auセット割 割引額-1,320円/月-1,320円/月
お支払金額4,158円/月3,058円/月

ビッグローブ光 おすすめ代理店NEXT

ビッグローブ光の販売代理店の中で最もキャンペーンが充実しているのが「正規販売代理店NEXT」です。

NEXTのキャンペーンは「超高額キャッシュバック」か「高額キャッシュバック+工事費無料」の2つから選ぶことができます。

NEXTのキャンペーン① 高額キャッシュバック

ビッグローブ NEXT

とにかく高額キャッシュバックが欲しいなら!
選べる特典①
新規 最大60,000円キャッシュバック
転用・事業者変更 10,000円キャッシュバック
キャッシュバック最大60,000円

NEXTのキャンペーン①は3年プラン限定の最大60,000円の超高額キャッシュバックです。
2回に分けて振り込まれますが、1回目のキャッシュバックは面倒な手続きなしで受け取ることができます。

 1回目2回目
金額30,000円30,000円
受取時期最短2ヶ月12ヶ月目
受け取り方法申込時に口座情報を伝えるだけ12か月目に申請手続きが必要

また、光電話・光テレビに加入することでキャッシュバックが最大8,000円増額されます

光電話加入キャッシュバック4,000円増額
光テレビ加入キャッシュバック4,000円増額

※このキャンペーンの期間は未定となっており、突然終了する可能性もあるのでご注意ください。

NEXTのキャンペーンサイトはこちら

NEXTのキャンペーン② キャッシュバック+工事費無料

ビッグローブ NEXT

業界最速キャッシュバック&簡単手続きなら!
選べる特典②
新規30,000円キャッシュバック

新規開通工事費19,800円が実質無料
割引額最大49,800円

NEXTのキャンペーン②は30,000円の高額キャッシュバック+開通工事費が実質無料です。
こちらのキャンペーンは2年プランを選択しても適用されます。

合計割引額はキャンペーン①の方が大きいですが、キャンペーン②は30,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月で全額振り込まれますし、工事費も自動で割引がされるため面倒な手続きが全く必要ありません

「申し込み後まで煩わしい手続きの心配をしたくない」という方はキャンペーン②がおすすめです。

こちらも、光電話・光テレビに加入することでキャッシュバックが最大8,000円増額されます

光電話加入キャッシュバック4,000円増額
光テレビ加入キャッシュバック4,000円増額

※このキャンペーンの期間は未定となっており、突然終了する可能性もあるのでご注意ください。

NEXTのキャンペーンサイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。
長々と書き連ねてしまいましたが、IPv6で光回線を高速化するために必要なことは、先ほども説明した以下の3つです。

  • 利用中のプランやルーターの設定がPPPoE方式ではないことを確認する。
  • IPv4 over IPv6サービスに対応したプロバイダを選ぶ。
  • IPv6接続(IPv4 over IPv6)の利用には対応ルーターが必要になる。

逆に言ってしまうと、これさえ押さえておけば問題なくIPv6でご自宅の光回線を高速化できます。
難しくてあまり理解できなかったという方は、以下のサイトの窓口で「IPv6を利用したい」と伝えれば相談に乗ってもらえるので、気軽に問い合わせてみてください。

ビッグローブ光 お問い合わせ窓口

速度が遅い時の原因と対策はこちらで解説