通信速度の用語「bps・Ping」について簡単解説!通信速度の目安もご紹介

回線速度用語解説

光回線について調べていると、必ずと言っていいほど「Gbps(ギガビーピーエス)」や「Mbps(メガビーピーエス)」という通信速度を表す単位を目にします。

ビッグローブ光の最大速度1Gbps引用元:NEXTキャンペーンサイト

いきなり「この光回線の速度は1Gbpsなんです」なんて言われてもよくわかりませんが、光回線を選ぶ上でbps(通信速度)は非常に重要な基準となるため、しっかりと理解しておく必要があります。

これから光回線の契約をするという方は、本記事を読んで、bpsとは「何の速度を表しているのか」「どのくらいの数値が出ていればいいのか」ということをぜひ覚えていってください。

POINT 読めばわかる

  • bpsとは何か
  • 下り速度・上り速度の違い
  • 一般的な用途に対して通信速度はどのくらい必要なのか
  • オンラインゲームに必要な通信速度
  • 通信速度の調べ方

通信速度「bps」とは

bpsは「bits per second(ビットパーセカンド)」の略です。

日本語では「ビット毎秒」となり、1秒のうちに何ビットのデータを転送できるのかを表す単位として使われています。

つまり、「1K(キロ)bps<1M(メガ)bps<1G(ギガ)bps」のように、数値が高くなるほど1秒間に大量のデータのやり取りができるため、通信速度が速いということになります。

1Gbps=1000Mbps1Mbps=1000Kbps

通信速度には「上り」と「下り」がある

インターネット通信には「上り(アップロード)」と「下り(ダウンロード)」という二つの方向があります。

それぞれ用途や通信速度が異なりますが、一般的なインターネットの利用でより重要なのは下り速度と言われています。

インターネット通信 下り上り

下り(ダウンロード)速度

下り速度はインターネットからデータをダウンロード(受信)するときに必要となる速度です。

下り(ダウンロード)用途
動画視聴・音楽再生・サイト閲覧・メッセージ受信・オンラインゲーム等

この数値が大きいほど高画質動画の視聴が快適になったり、WEBサイトの読み込み速度が速くなったりします。

4K動画の快適な視聴には、下り速度が20Mbps以上あることが推奨されています。

下り(ダウンロード)速度の目安

用途速度
メールやSNSのメッセージ受信128Kbps〜1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧・ビデオ通話1Mbps〜10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps

用途の中でも動画視聴とオンラインゲームには高い下り速度が求められます。

この二つが問題なく行えているのであれば、他の用途でも問題なくインターネットが利用できるでしょう。

また、オンラインゲームに関して、スマホゲームやRPGは30Mbps程度あれば問題ありませんが、FPSなどを快適にプレイしたいのであれば、なるべく下り100Mbps以上は確保しておきたいところです。

※FPSFirst Person Shooterの略。一人称視点のシューティングゲームのこと。

上り(アップロード)速度

上り速度はインターネットにデータをアップロード(送信)するときに必要となる速度です。

上り(アップロード)用途
メッセージの送信・SNSでの写真や動画投稿・ファイルのアップロード等

数値が大きいほどファイルデータのアップロード速度が上がり、大容量のアップロードが可能になります。

上り(アップロード)速度の目安

用途速度
メールやSNSのメッセージ送信1Mbps
SNSの写真投稿・ビデオ通話3Mbps
SNSやYouTubeなどの動画投稿10Mbps
オンラインゲーム10~30Mbps

ビデオ通話やオンラインゲームの通信ではデータの受信と送信が同時に行われるため、下り速度と上り速度の両方が必要となります。

ただ、上り速度推奨値はオンラインゲームでも10~30Mbpsなので、下りほど速度を気にする必要ありません。

オンラインゲームは「Ping値」も重要

1秒のうちに送信/受信できるデータ量を表す「bps」に対し、「Ping値」は回線の応答速度を表しています。

応答速度とは

サーバーにデータを送信してから、それに対して応答が返ってくるまでの速さ。
オンラインゲームで例えると、操作ボタンを押してから実際にキャラが動き出すまでの時間。

Ping値が低いほど応答が返って来るまでの時間が短くなり、小さいラグでオンラインゲームを快適にプレイできるようになります。

FPSやTPSなどのラグによって勝敗が決まりやすいオンラインゲームはPing値20ms(ミリセカンド)以下、その他のオンラインゲームであれば30ms以下であれば快適にプレイできると言われています。

〈オンラインゲームを快適にプレイできる速度〉
下り速度:30~100Mbps
上り速度:10~30Mbps
Ping値 :30ms以下

光回線の通信速度を調べる方法

光回線の速度はスピードテストサイトを使って簡単に調べることができます。

いろんな光回線の速度を調べる

他の人が測定したインターネット回線の実測値や、地域ごとの速度平均を調べるのに非常に便利なのが「みんなのネット回線速度(みんそく)」です。

光回線以外にも、ポケットWiFiやホームルーターの速度も調べることができます。

ご利用中の光回線の速度を調べる

現在利用している光回線の速度を調べるなら「USEN GATE 02」がおすすめです。

bpsやPing値はもちろん、ゲームや動画視聴など用途別のパフォーマンスも教えてくれます。

インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 - USEN GATE 02引用元:USEN GATE 02
インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 - USEN GATE 02 2引用元:USEN GATE 02

まとめ

通信速度を表す「bps」がどういったものなのか、用途によってどれくらいの通信速度が必要なのか理解していただけましたか。

現在光回線を検討している方は、自身のインターネット用途にはどれくらいの数値が必要になるのかしっかりと把握しておきましょう。

▼高速通信&高コスパの光回線「ビッグローブ光」の速度詳細▼

ビッグローブ光って遅いの?口コミやスピードテストの結果から分析してみた
通信速度が安定しているという理由で光回線を申し込む方は多いと思います。 それなのに「いざ使ってみたら遅くて動画も見られない」といったことも珍しくないので、やはり検討中の光回線の速度に関しては、申し込みをする前に知っておきたいところです。 ...

これでわかる!

ビッグローブ光

お得なキャンペーンを知りたい!
【ビッグローブ光】代理店NEXTのキャッシュバックはすぐもらえる!手続きも超簡単 一番お得な申込みキャンペーンは?
 キャッシュバックはいつもらえる?


料金を知りたい!
ビッグローブ光の3年プランと2年プランを比較!自分に合ったプランがわかる 月額料金はいくら?
3年or2年プラン、どっちがいいの?
工事費についても知りたい


速度を知りたい!
ビッグローブ光って遅いの?口コミやスピードテストの結果から分析してみた ビッグローブ光って遅い?速い?
実際の評判は?
回線を速くするには?


セット割引について知りたい!
ビッグローブ光のスマホセット割!auスマートバリューとUQ mobile自宅セット割について解説 スマホとセットで安くなる?
どれくらいお得なの?

悩み・疑問速度
ビッグローブ光 ニュース