高速接続サービス、IPv6接続とは

IPv6接続(IPoE方式)に切り替えてインターネットを快適に

ビッグローブ光をご利用のお客さまは、「IPv6オプション」と対応機器を利用して、高速通信[IPv6接続(IPoE方式)]に切り替えることができます。

IPv6接続(IPoE方式)とは、次世代の接続方法で、現在一般的なIPv4接続(PPPoE方式)とは違い、地域、時間帯による混雑の影響少なく、通信速度の速いインターネット環境をご利用いただける接続方式です。


動画を見る人はもちろん、インターネットのトラフィックが増加し時間帯によっては混雑で速度が低下してしまう近年は、インターネットをご利用になるみなさまにおすすめです。工事は不要なので手間もかかりません。*1

IPv6オプションについて詳しくはこちら

※1:古いタイプの光回線(Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム)をご利用の場合、品目変更の工事(有料)が必要な場合があります。
※最大通信速度がお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下する点は従来と同様ですが、「IPv6オプション」と対応機器をお申し込みのお客さまは、最新のネットワーク設備(IPoE方式)に接続される点が従来と異なります。
※すでに最新のインターネット環境に切り替え済みの場合、通信速度等が変わらないことがあります。

IPv6接続(IPoE方式)でなぜ速くなる?

近年、通信量の増加により、現在よく使われているネットワークのIPv4接続(PPPoE方式)は、各地域の設備が夜間混雑しています。「IPv6オプション」と対応機器を利用して、混雑しているIPv4接続(PPPoE方式)を使わず、次世代ネットワークのIPv6接続(IPoE方式)をご利用いただくことで、地域や時間帯の影響少なく、スピーディで快適なインターネット接続をご利用いただけます。


現在よく使われているネットワークIPv4接続(PPPoE方式)=混雑している道

渋滞でなかなか進まずイライラ

IPv4接続(PPPoE方式)速度イメージ

「IPv6オプション」+対応機器(IPoE方式)=空いている道

流れがスムーズで快適!

IPv6接続(IPoE方式)速度イメージ

動画を快適に見るなら、断然高速ネットワーク!

たとえば、映画やスポーツの動画を観るとき、再生されるまでの読み込みが遅かったり、再生されても動画が途中で止まったりしていませんか?
インターネットの動画は年々キレイになっています。高画質・高精細な動画を快適に楽しむには、高速なネットワークへの切り替えがオススメです。

高品質の回線で、検索結果をスピーディーに表示

検索エンジンで調べものをしていて、なかなか結果が表示されないと、ストレスを感じませんか? 品質の高い回線であればレスポンスが速く、知りたい情報をすばやく得られます。

無線LAN付IPv6ルータ月額料金無料キャンペーン開催中

無線LAN付IPv6ルータ月額料金無料キャンペーン

無線LAN付IPv6対応ルータ月額料金無料キャンペーンとは、「ビッグローブ光」 (ネット+電話) と、「ビッグローブ光 IPv6オプション」を同時にお申込み頂くことで、「ビッグローブ光 IPv6オプション」の月額料金が6ヶ月無料になるキャンペーンです。さらに解約時に必要な機器返却手数料も無料になります。

よくある質問

IPv6とは IPv6(アイピーブイロク)とは、現在主流である通信規格のIPv4に代わる、次世代の通信規格です。 ビッグローブ光ではIPv6は利用できますか はい。BIGLOBEでは、ビッグローブ光をご利用のお客さま向けに、「IPv6接続(IPoE方式)」を利用した高速通信をご提供しています。 高速接続サービス(IPv6接続)のご利用には、「IPv6オプション」のお申し込みと、対応機器が必要です。ご利用環境により、お申し込み内容が異なりますので、以下をご確認ください。

光電話(ビッグローブ光電話)をご利用の方
「IPv6オプション」のお申し込み後、サービスが適用されると、IPv6接続に切り替わります。
※ ご利用の光電話機器が、PR-200シリーズ/RV230シリーズ/RT-200シリーズの場合、別途、接続機器(無線LAN付き)のお申し込みが必要です。

光電話をご利用でない方
「IPv6オプション」と「接続機器(無線LAN付)」のお申し込みが必要です。 「IPv6オプション」のお申し込み後、お手元に届いた接続機器をつないでください。サービスが適用されると、IPv6接続が利用できます。
IPv6を利用するメリットは何ですか IPv6ではアドレスの枯渇を気にすることなく多数のアドレスを使用することができるため、世の中の様々な機器にIPアドレスを付与することが可能となります。活用方法については現在検討中ではありますが、インターネットをより便利に利用するためにはIPv6が必要となっています。 IPアドレス枯渇問題とは何ですか インターネットの普及によりパソコンやサーバーなどの機器に付与するIPv4アドレスが不足してしまうことをさします。 インターネットの今後の発展には、現在主に使用されているIPv4に加え、豊富なアドレス数を有するIPv6への対応が不可欠となっています。 IPv6を利用しないとどうなるのですか 今すぐに問題になることはありません。 ただし、今後IPv4アドレスの枯渇が進むにつれ、webサイトによっては閲覧できないなど、利用できないサービスが増えてくることが予想されます。 IPv4とIPv6を同時に使うことはできますか 基本的にはIPv4とIPv6は互いの通信に影響しないため同時に利用可能です。 IPv4を使い続けることはできますか 当面の間、BIGLOBEではIPv4によるサービス提供も継続するよう検討しています。 現在IPv4による接続サービスを利用いただいている場合はそのまま利用可能です。 IPv6が普及するとIPv4は使わなくなるのですか インターネット全体を一斉にIPv6に切り替えることは困難であるため、当面の間はIPv4を利用する必要があります。BIGLOBEでは当面の間、従来のIPv4の提供に加えて、同時にIPv6も利用できるよう検討しています。 IPv6オプションについて詳しくはこちら